色々な薬
  • ホーム
  • 膣が痛くて痒い!カンジダは自然治癒する?

膣が痛くて痒い!カンジダは自然治癒する?

膣や性器に痒みの症状が出るカンジダはカンジダ菌という菌によって引き起こされる病気です。
症状が性器に出たり性行為が原因で発症することもあったりするため性感染症と認識している人もいますが、カンジダ菌は健康な人でも体に持っている常在菌です。
常在菌は普段体に持っていても問題ないものですが、体調不良や疲労、ストレスなどにより免疫力が低下することによって症状が発症します。

健康な女性であれば膣内は他の常在菌などが共存するのに適切なバランスが保たれていているため、カンジダ菌だけが多いということはないのです。
免疫力が低下してしまうとバランスが崩れ異常に増殖してしまうことがあります。
異常に増殖するきっかけがあるから症状が発症するのであり、その原因が取り除かれ菌のバランスが正常に戻れば症状が治まることになります。

病院での治療を受ける以外に、免疫力を高め常在菌のバランスを戻すためにできることとしては、性器周辺を清潔に保つことや生活習慣の改善です。
清潔を維持しようと考えて性器周辺を石鹸で洗うのは逆効果になります。
石鹸で洗うと必要な菌まで洗い流してしまうことがあるため、お湯で軽く洗う程度が良いです。
菌は湿度が高いところで異常に繁殖してしまうため、性器周辺が蒸れないように通気性の良い下着を着用するようにしましょう。
性行為による性器への刺激で症状が悪化することもあるため症状が治まるまでは性行為を控えることも必要です。

そして、生活習慣の乱れも免疫力低下に繋がります。
栄養バランスのよい食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけ健康的な生活を送ることで免疫力は高まります。
このような対処をすることで自然治癒も十分期待できますが、カンジダは痒みを起こすため、性器が痒いというのは大きなストレスになりますし、カンジダの症状は他の病気でも似た症状があらわれます。
放置してしまうと不妊になるリスクを抱える病気も中にはあるため症状が酷い場合は病院を受診しましょう。

免疫力が高ければ自然治癒もあるが、薬での治療も検討

膣や性器にムズムズとした痒い症状があらわれるカンジダはカンジダ菌が異常繁殖することで起こります。
この菌は体の中に常住している菌なので、万が一症状があらわれた場合でも体調を整えることで自然治癒させることが期待できます。

自然治癒させたいと思ったら、体の免疫力を高めるように意識することが大切です。
栄養バランスの乱れた食事やストレス、疲労や睡眠不足、病気などで免疫力が低下しますが、この状態が長く続くとカンジダ菌が繁殖しやすくなるので注意が必要です。

これに加えて、性器周辺の肌環境を清潔にすることがポイントです。
汗や汚れなどが長く付着し続けるのを避け、下着もこまめに交換するのがお勧めです。
特に女性の場合は生理で肌環境が悪くなりやすいうえに、男性と比べると性器が奥まっているので汚れを溜めこみやすくなるので気を付けましょう。

しかし自然治癒が期待できるカンジダは、ごく初期状態のものに限られます。
女性の膣は自浄作用があるため、早い段階で免疫力を高めることで治療できることがありますが、感染症状が進んだものでは薬を使用した適切なケアが必要になってきます。

薬が必要になってくる目安は個人差がありますが強い痛みやかゆみ、性器の炎症などが見られたら注意が必要です。
女性の場合はおりものの量が異常に多くなったり、異臭や固形物が混ざるなどの症状もあらわれてきます。
このような悪化した症状でありながら自然治癒しようとケアが遅くなると、排尿時に強い痛みを感じたり、カンジダが慢性化してしまう可能性があります。

薬の形状には軟膏やクリームの他に経口内服薬などがあります。
症状が軽い場合は軟膏やクリームだけで完治させることができますが、症状が重くなると膣剤の併用が必要になってきます。

関連記事