色々な薬
  • ホーム
  • トリコモナスと他の感染症でのオリモノの違い

トリコモナスと他の感染症でのオリモノの違い

トリコモナスは特に女性が発症しやすい、性感染症の1つです。
女性の場合、性感染症を発症すると「オリモノ」に異変を感じるケースが多い傾向にあります。
トリコモナスの場合も発症すると、オリモノに異変が起こります。
異臭がするようになった・オリモノが泡状になっている・褐色または黄緑色、白く濁るといった症状がトリコモナスを発症した時に起こりやすい異変です。
またオリモノ量が増加する場合もあります。

もし、このような異変が起こった場合は、トリコモナスを疑ってみると良いでしょう。
トリコモナス以外の性感染症、カンジタやクラミジア、淋病で起こりやすい症状も事前にどのような症状が起こるのか把握しておけば、すぐに対策する事が可能です。

例えばクラミジアの場合は、オリモノの量が増えたり若干、黄色っぽい色へと変化していきます。
重症化して骨盤腹膜炎になると、クリームチーズのような形に変化するようです。
淋病の場合は膿が混じったオリモノに変わるという症状を感じる事が多いです。
量が増える、臭いがきつくなるという症状も、淋病を発症した際に起こりやすい症状です。
不正出血によって、血が混じる事も少なくありません。

カンジタを発症すると平常時よりオリモノの量が増え色も変わります。
カンジタの場合は白または、黄色や緑色がかった色味の濃いオリモノへと変わるのが特徴的です。
ヨーグルトやチーズのようなドロドロしたテクスチャーになり、生臭い臭いもしてきます。

健康な女性も排卵期に向けて少しずつオリモノは増えて行き、排卵期になると生卵の白身のような透明のゼリー状へと変わります。
生理前には増えるのが当たり前です。
ですが、いつもよりも量が多い・色が違う・臭いがきついと感じる場合、トリコモナスやカンジタ、クラミジアに淋病など何らかの性感染症を起こしているかもしれません。
オリモノで今の自分の身体の状態を把握する事ができるので、見過ごさずにしっかりチェックしてみましょう。

オリモノの色や状態によって性病の違いが分かる

オリモノは年齢や生理周期によっても色や分泌量が変化します。
月経が始まって間もない頃には量が安定せず分泌量の増減が顕著です。
その後周期が安定し妊娠にも適した20-30代で落ち着き色も透明が平常時の状態になり、その後は閉経が近づくに従い分泌量は減少していきます。

生理周期に従う変化では、月経直前には女性ホルモンの量も増加し妊娠し易くするためにオリモノの分泌も増え排卵時には粘り気も見られます。
また、月経直後から卵胞期にかけて一時的に量が減り、さらりとした手触りに変化を見せます。

このような正常時のオリモノの状態を踏まえておけば、性病原因菌の感染による変化をいち早く発見することが出来るでしょう。
最も顕著にオリモノに膿が混じるなどの変化が出るのがトリコモナスですが、その理由はどこにあるのでしょうか。
これはトリコモナスが膣粘膜上のグリコーゲンを栄養分にしているからです。
膣にはグリコーゲンが豊富で、寄生するとトリコモナスは爆発的な広がりを見せる一方で、常在菌が必要とするグリコーゲンまで消費してしまうため膣内の菌バランスが崩壊します。
そのせいで雑菌が増殖し膣内のみならず尿路などにも感染が広がります。
そのような事情でトリコモナスではオリモノが黄色くなったり、膿が混じるなどの激しい変化が出るわけです。

クラミジアでは、オリモノの変化と同時に性器や外陰部のかゆみなども併発するのが一つの目安になります。
かゆみ等の自覚症状は軽いこともあります。
カンジタは膣の常在菌のため必ずしも性行為を前提にしません。
強いかゆみを伴うのが特徴で、オリモノと同時に性器などに激しいかゆみが出現するなら、カンジタを疑うべきでしょう。

淋病は女性では排尿痛やかゆみなどの自覚症状に乏しい傾向があります。
特段の自覚症状がなく、普段と違うオリモノの変化や不正出血が混じる場合は淋病の可能性があるのです。

関連記事